精力の減衰は生活習慣の見直しによってある程度防ぐことができます。

MENU

見直すべき生活習慣

精力の減衰には様々な要因があります。
老化や栄養不足であれば、精力剤を飲めば回復に向かう可能性が高いですが、生活習慣の乱れがあると、精力剤に頼っても思うような効果を得られません。

 

また、精力剤に頼らなくても生活習慣を見直すと精力回復に向かう可能性が充分あります。

 

 

食生活

 

勃起不全は血流の悪さが関係しています。
特に単身の男性は自炊をせず、外食やインスタント食品ばかりを食べて栄養が偏りがちです。
野菜や魚、和食を食べて、肉やラーメンなどの油料理を減らす事で、血液の流れを良くして栄養バランスを改善されれば精力は回復します。

 

 

禁酒、禁煙

禁酒、禁煙

 

タバコとお酒の嗜好品は、どちらも血管を細くして神経を破壊する成分や効能があります。
それぞれ依存性が高く、やめるのも大変ですが禁酒や禁煙の壁を乗り越えると身体が若返り活力を取戻せる場合があります。
ただし勃起不全の原因はストレスも関係しているので、無理に荒治療で禁酒、禁煙すると逆効果の場合もあります。
お酒とタバコでもっとも精力に与える影響が大きいのがアルコールの過量摂取です。
お酒を飲んで勃たなくなるのは、酔っ払っている時だけではなく、飲みすぎる事で慢性的な勃起力の低下に繋がります。
すぐに辞められない場合でも、適度に嗜むようにお酒やタバコと付き合っていくとよいでしょう。

 

 

自慰行為のしすぎ

 

男性は精力を溜めすぎると身体に良くないので、適度なペースで自慰をして古い精子を放出する事が必要です。
しかし自慰行為は頻度が多すぎるも勃起不全の原因になる事もあります。
回数については年齢も関係してますが、週に5回以上や、1日に複数回やる事が多い人は注意しましょう。
最近ではネット環境さえあれば、手軽に様々な動画を閲覧できるため、プロの性行為の見過ぎで自分が夜の土俵に上がった時に興奮できない男子も増えているようです。

 

 

睡眠の改善

 

精力と睡眠は密接な関係があります。
しっかり疲労回復させて体の負担が軽くなれば、ペニスのエネルギーもパワーアップします。
睡眠時間をしっかり取ることはもちろん、睡眠の3時間前に食事をすると胃の負担が大きく眠りが浅くなってしまう注意点があります。
睡眠の質も上げるように、睡眠前の行動や寝具飲み直しなど、深い眠りに入れる環境を作りましょう。